8月
30
2011

はにわづくり教室

7月24日(日)、当館恒例のはにわづくり教室を実施しました。踊るはにわ、馬形はにわ、オリジナルなはにわなど参加者の個性あふれるはにわが完成しました。そして、1ヶ月乾燥させた後、電気窯で焼き上げました。

8月
4
2011

睦沢町史跡めぐり

【日 程】 平成23年6月26日(日) 参加者15名

【コース】睦沢町歴史民俗資料館——「波の伊八」作の彫刻見学(成就院・八坂神社)——能満寺古墳(長南町)——大柳館跡・勝見城跡(車窓)——上之郷橋戸横穴群——妙楽寺・日吉神社——碇城跡(車窓)——道の駅つどいの郷

【概 要】
6月ながら暑い日が続いていましたが、この日はくもりの天気で、しのぎやすい一日でした。そのような中、睦沢町の史跡めぐりを実施しました。

まず訪問したのは睦沢町立歴史民俗資料館です。
資料館では、企画展「睦沢町の太平洋戦争」が開催中でした。
展示では、軍服や寄せ書きの日章旗、千人針、当時の新聞などの実物、出征した方の戦争体験画や戦闘機の模型まで多様で豊富な資料で構成され、あらためて戦争を風化させず伝えていく事の大切さを感じました。

続いて、成就院と八坂神社で「波の伊八」作の彫刻を見学しました。
伊八は、「関東へ行ったら波は彫るな」と言われるほどの腕前で、荒々しい波の様子を表現した彫りは素晴らしいものがありました。
伊八の作品は、南房総を中心にその作品が残され、睦沢町はほぼその北限にあたるとのことです。

その後、睦沢町との境にある長南町の能満寺古墳を見学しました。
能満寺古墳(県指定文化財)は、4世紀後半に築造された全長73mの前方後円墳で、芝山町周辺にはこの時期の前方後円墳はありません。

古墳見学後は、睦沢町内に戻り、大柳館跡と勝見城跡の二ヶ所の中世城郭を車窓から見学し、美味しいパン屋さんに立ち寄り、公民館で昼食をとりました。

午後は、まず上之郷地区にある橋戸横穴群を見学しました。
横穴は、古墳時代後期に斜面に穴を掘ったお墓ですが、長生地区で数多く見られます。

続いて、国指定重要文化財の木造大日如来坐像を安置している妙楽寺に向かいました。
お寺は、標高100m近い鬱蒼とした山中にあり、周辺はスダジイの極相林などが残る「妙楽寺の森」として県指定天然記念物になっています。
大日如来坐像は、平安時代後期の作品で、高さ2.8mの巨像です。その大きさに圧倒されながらも穏やかな顔つきが印象的な仏像です。
隣接する日吉神社は、妙楽寺の守護として祀られたと考えられ、本殿の軸部は江戸初期に遡るとのことでした。

その後、戦国時代の城郭と伝えられる碇城跡を車窓見学し、最後に道の駅つどいの郷で買い物をして睦沢を後にしました。

今回の史跡めぐりは、全コースを睦沢町立歴史民俗資料館学芸員の久野一郎氏にご案内いただきました。
久野氏の丁寧で分かりやすく、かつ楽しい説明により、睦沢町の歴史や文化財、自然に関していろいろと知る事ができました。
身近な歴史や文化財に触れることの楽しさを再発見した一日となりました。

 

cvs Rhinocort

7月
29
2011

勾玉作り&火起こし体験

平成23年5月3日・5日に、『勾玉作り&火起こし体験』を行いました。
勾玉づくりは、滑石を紙やすりで削り形をつくった後、
磨いて紐を通して完成させます。石が光ってくると皆さん嬉しそうに磨いていました。
火起こしは、博物館入り口の前で、まいぎり式火起こし器を使って行いました。
煙が出たり、火種が出来ると歓声をあげて喜んでいました。

Retin-A 0.05%